新郷合気沿革

2002.02.01 埼玉県川口市の榛松中学校内武道館「榛風館」にて稽古を始める
2004.08.28 第1回新郷合気会合宿稽古を実施
2005.05.28 第43回全日本合気道演武大会に参加(以後毎年参加)
2012.02.01 新郷合気会創立10周年(記念演武会及び祝賀会を実施)
2012.04.01 埼玉県合気道連盟に加入

News

☆祝昇級 合格体験記☆


〜5級に合格して(合気道を選んだ理由)〜
私が合気道を始めたのは、2016年3月、小学校3年生の頃でした。
12月生まれのため、私は他の子達に比べて身長も身体も小さく、背の順ではいつも前の方でした。
そんな私は、学校内や登下校中に身体の大きい同級生の男の子たちの標的となり、ランドセルを後ろから押されて転ばされたりしていました。
彼らにとっては遊びのつもりでも、何度もやられているうちに嫌でたまらなくなり、泣きながら帰宅することもありました。
そんな時、身を守る為には自分を変える必要があると感じ、母に相談をしました。
いろいろ調べる中で、私にぴったりだと感じたのが「合気道」です。
ネットで自宅から近い道場を調べたところ、「新郷合気会」に辿り着きました。
道場は、私が現在通っている中学校の敷地内にあり、長く通うことが出来ると思いました。
当時、中学生からしか入会は認められていませんでしたが、母と一緒に入会することを条件に入会を認めて頂き、その日を境に稽古が始まりました。
稽古をする時間は、夜の7時から9時までで、始めのうちは午後8時頃には眠気が差し、
午後9時までしっかりと稽古できるようになるまでは、少し時間がかかりました。
そんな私にもゆっくり根気強く先生方は指導をして下さいました。
周りの会員も心優しい人達ばかりで、私の成長を見守るかのように接して下さったことは、今でも記憶に残っています。

稽古を始めて1年位経った頃、自然と身体の大きい友達からの嫌がらせも無くなり、姿勢もよくなり、自然と自分に自信がついてきました。
今では私も中1年生となり、暑い夏の日も凍えるような寒い冬の日も、裸足で道場に入ると自然に「気」が入り、稽古に集中できるようになりました。
合気道に出会ってから、自然と体幹が身につき、精神面でも成長する事が出来たと感じています。
今後、部活動や勉強などで忙しくなると思いますが、合気道を続けて行きたいと思っています。

(ブレソン・ディラン)

祝昇級 合格体験記

〜4級合格、ありがとうございました。〜

限られた時間の中で、稽古を続けてまいりました。技の上達も遅く、「やっぱり(合気道は自分に)向いてないのかな」と思うこともしばしばありましたが、
それでも合気道と新郷合気会が好きで道場に通っています。
こんな私でも、大久保先生は細かく丁寧に何度も教えてくださいますし、
また遠藤会長のさっぱりとした明るさに励まされてもいます。
稽古中の2時間は、日常のすべてを忘れて汗を流すことで、
頭の中がスッキリして明日の活力が湧いてくるのも合気道を続けられている理由だと思います。
4級合格を励みに、3級を目指して頑張ります。
いつか、大久保先生や遠藤会長のように華麗に技を決められると信じて努力していきます。
合気道を楽しみながら、私なりに進んでいきますので、これからも懲りずにご指導お願い致します。

(石川みどり)

 〜4級に合格して〜

3月の5級合格後から、9月の審査で4級に合格すると決めて頑張ってきたので、今回の合格も、とても嬉しいです。
7月だったでしょうか、『9月の審査は、自信のある人は受けてください』と、大久保先生からのお言葉。自信などなかったけれど9月に4級を取ると決めていたので、
「自信なくても受けていいですか?」と聞いてみると、「ん〜〜〜〜〜〜・・・・・・・・」というお返事。
これはまずい!と思い、気をひきしめて稽古に励みました。
稽古の様子をビデオに撮らせていただいて毎日復習もしました。 
審査のための稽古に協力してくれた合気会の仲間には本当に感謝しています。
大久保先生と遠藤会長の丁寧なご指導にも心から感謝しています。

次は来年3月の3級合格に向けて頑張ります!(小野美智子)

☆令和元年 夏季合宿稽古報告☆

 今年も、茨城県阿字ヶ浦で、合宿稽古「令和元年8月17日(土)・18日(日)の一泊二日」を行いました。参加人数は6名と少ないながら、内容の濃い稽古ができました。初日の土曜日の午後は、道場として借用していた体育館に畳が無いというハプニングが有り、急きょ稽古内容を変更し、杖の型や武器技の体裁きを中心に稽古を行いました。また、身近に有る物が武器として使われ襲われた時の対処法など、護身術として応用できる技も稽古しました。
二日目は、先ず砂浜での朝稽古から始まり、波打ち際でのランニングや杖の型及び合わせを行い、朝食を美味しく頂きました。
午前中の稽古は、畳のある道場をお借りすることができ、短時間ながら皆のびのび受け身を取りつつ充実した稽古ができました。
午後は、毎年恒例となっておりますが、岩間の「合気神社」に参拝し、各々技の上達と合気道の発展を祈願しました。
今回初めて合宿に参加する会員もいたので、お隣の「茨城支部道場」をお訪ねし、開祖所縁の道場内の見学もさせていただきました。
年々夏の暑さは厳しくなりますが、今年も猛暑に負けず有意義な合宿稽古ができました。(大久保 章)
夏期合宿稽古の様子※クリックして頂くと写真が大きくなります。






祝 昇級


3月28日(木)に、当会に於いて「昇級審査」が実施され、2名の会員が見事合格されました!!
審査を終えて、お二人の感想と写真を掲載させていただきます。

〜昇級者のひと言〜 ・小野美智子・
3月の審査を受けると決めてからは、稽古から帰って家で復習したり、イメージトレーニングをしたり、家族にも練習相手になっもらったりと、今までになく真剣に取り組みました。 その結果、無事に審査を通ることができ、とても嬉しいです。大久保先生と遠藤会長には、1つ1つ丁寧にご指導頂いてとてもとても感謝しています。次の9月の審査では4級を取れるよう頑張ります!

〜昇級者のひと言〜 ・尾田かおる・
50の手習いで合気道を始めました!!子育てもひと段落、自分の時間が欲しかった。何かやりたかった。そして巡り出会った合気道。始めて半年、合気道の魅力に惹かれて、優しく頼もしい大久保先生、遠藤会長指導の下、夢中で稽古し、先日五級認定も取得出来ました。 でも受け身が苦手です。奥深い合気道の技を極めたいのでこの先も頑張る一存です!これからもご指導、よろしくお願いします!

☆雑誌に取り上げられました!

※日本武道館で実施された「全日本合気道演武大会」で演武終了後、日本武道館広報部より取材を受けました。(平成29年5月)